おデザな日々

odezana.exblog.jp

寄り添うこと

昨夜,何気なく点けていたテレビに,気がつけば目が釘づけに…
その番組は,《プロフェッショナル 仕事の流儀》


スーパー家政婦の方が,どのような経緯で料理人から調理専門の家政婦という仕事にたどり着いたのか,そしてどのような想いを込めて仕事に取り組んでいるのかが紹介されていました。


自分のおいしいと思うものを押しつけて作るのではなく,言葉の奥まで感じとってお客さまの求めているニーズに寄り添う姿勢。
作り終えて帰宅してからも,果たしてあのレシピでよかったのか?作り直しながら自問自答を繰り返す姿に,感銘を受けました。


彼女のようなすごい能力をもった方の助けを求めているご家庭は,きっと世の中にはたくさん…。


今は昔以上に,よその献立やお弁当などを目にする機会が多くなっているから,ごはんの作り手である主婦(夫)は,必要以上に落ち込んだりすることもあるのではないかと思います(*´-`)
その点“突撃!隣の晩ごはん”からは,共感と勇気をもらえていましたっけ(≧∀≦)


本当は自分でやりたい。。
でも,精魂尽き果てるくらい,もうクタクタなんですよね。。


だから,そこを何もかもわかった上で,とことん寄り添った食事を作ってくださるスーパー家政婦さんが,絶大な支持と信頼を得ているのでしょう♡




全くアプローチは違うのですが,デザ子さんが【おテザなお茶の間】にいらしてくださる皆さまへお渡ししたい想いも,実は同じなのでは?と思いました。
図々しくてゴメンナサイ!^^;


d0351826_10345085.jpg



皆さま立場はそれぞれですが,本当に日々頑張っていらっしゃるのです。


だから,お越しいただいているときには,最大限にすべてをゆるめていただきます。


そしてたま〜に時間があって,たまたま気が向いたとすれば,簡単すぎるレシピのおデザでも頬張りながら憩いのひとときを愉しんでいだけることもあったり。


作りましたのレポートを嬉しく拝見しながら,敢えて質問するほどではなくてもきっと感じておられるであろう疑問点に寄り添い,次につながるお気持ちになっていただいたり。


ほんのほんの微々たるものですが…
わずかでも,みなさまの日々のお力になれればいいな♪


そんなことを考えつつ,今日も試作・試作・さらに試作…なのでした(o^^o)
d0351826_10305807.jpg




[PR]
by dezako | 2018-05-22 12:00 | diary | Comments(0)